Care

治療と予防

健康な歯を維持して生活の質を維持・向上させましょう

歯の役割は食べ物を噛み砕くだけでなく、会話や見た目にも重要な役割がございます。病気や老化などで弱りやすい歯をできる限り残せるようサポートし、良い状態の口腔環境を保つことで健康を維持、生活の質を向上できるようお手伝いしています。

歯医者16_800px

治療について

病気や老化などで弱くなりやすいのが歯で、80歳までに20本の歯が残っている人の数は約2割といわれています。

新井歯科では虫歯をはじめ、歯周病、人工歯根(インプラント)、ブリッジ、知覚過敏、詰め物(インレー)、被せ物・差し歯(クラウン)、歯牙移植、部分入れ歯、総入れ歯、歯列矯正(矯正歯科)、ホワイトニング(歯の漂白)、顎関節症、歯軋り(歯ぎしり)、蓄膿症(上顎洞炎)、口臭、歯茎(歯ぐき)の変色、抜歯、取外しが可能で広い面積を補うことのできる入れ歯有床義歯また、院長は補綴歯科専門医です。これによって「うまく噛めない」「しゃべれない」「見た目が悪い」といった問題を解決し、健康を維持して生活の質(Quality of Life:QOL)を維持・向上させることができます。
適切な治療をして、80歳までに20本以上を新井歯科で目指しましょう。
歯医者18_800px

歯周病予防は認知症予防

歯周病は、口の中の歯周病菌によって炎症が起こる感染症で、歯ぐきが腫れたり、出血したり、化膿したりして、ひどくなれば歯が抜けてしまいます。

歯のまわりで起こる「歯周病」と、脳の病気である「認知症」は、まったく無関係のように思えるかもしれませんが、最近のいろいろな調査や研究で、歯が健康な人に比べて歯周病にかかっている人の方が、認知症にかかりやすいことがわかってきました。
歯医者15_800px

こまめな歯みがきで歯垢をためない

歯周病の予防には、菌を発生させる元となる歯垢(プラーク)を取り除くことが大切で、食事の度に付着するので、歯ブラシ、歯間ブラシなどを使って、ていねいに歯みがきしましょう。

すでに歯周病が進行し、歯と歯ぐきのすき間(歯周ボケット)が深くなっている場合は、新井歯科医院で治療しませんか。歯周病を予防して歯を残すことが、認知症の予防になりますので、毎日の正しい歯磨きと定期検診で、歯周病を予防しましょう。